成龍映画で泣いちゃうとは思わなかったよ・・・

昨日は朝も雪だったし、映画館へ行くのはやめて家で12月に香港で買ってきた邦題《香港国際警察/NEW POLICE STORY》のDVDを見ることにしました。
 
去年の国慶節の時期向けの公開の映画ということでキャストは《ゴージャス》に負けないほどたくさん。意外と気がつくのは無間道シリーズの脇の人たちばかりです。

メインキャストの成龍と楊采妮(チャーリー・ヤン)のほかは謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)、王傑(デイブ・ウォン)などEEG所属の人満載です。ニコ、本当にフォトジェニック。コートが青島っぽい。阿Sa、Gen-Xのグレースっぽい役割か。

そしてJCグループの呉彦祖(ダニエル・ウー)。彼率いる悪者組には安志杰(アンディ・オン)、尹子維(テレンス・イン)、葉山豪、蔣怡(ココ・チャン)。ここでも言葉は安志杰が普通話。彼は成龍のアクションの相手役として大抜擢ですね。

成龍扮する陳國榮!率いる警察側には廖啓智(リウ・カイチー、《無間道2》の三叔だ~)、呉浩康(ディープ・ン)、何華超(トニー・ホー、《無間道》出演)、連凱(アンドリュー・リン、《無間道2》出演)、サモハンの息子の洪天明(ティミー・ハン)と 洪天照(サミー・ハン)、梅姐の徒弟の彭敬慈(サミュエル・パン)、呉嘉龍(カール・ン)、伍允龍(フィリップ・ン)そして盧惠光(ケネス・ロー)。

黄玉郎は阿Saのパパ役だし、樋口明日香や劉以達(タツ・ラウ)、Boy'zの張致恆(スティーブン・チャン)と關智斌(ケニー・クワン)もでてたし、郭偉亮(エリック・クォック)にはびっくりした。

刑事役の于榮光(ユー・ロングァン)と彦祖の父親役の孫淳(スン・チュン)、伍佰(ウー・バイ)も父親役で。この3人が特別出演扱い(納得)。

クレジットみてわかったんだけど、《終極無間》にでている李雨陽(エディー・リー)と高皓正(ザック・コー)、呉慧冰(ルイーザ・ン)もそして《無間道2》でも鄭秀文の若い頃のMary役の趙頌茹(ユウ・チウ・・・って結局EEGで干された?)でてたそうだけど全然わからなかった。

人名ばかりになりましたが。
成龍が《無間道》の影響をどれだけ受けているか・・・結構似たシーンもあったと思う。

50歳になった成龍。アクションは少なくて満足いかない人もいるんでしょうが、私にはすごく面白かった。最後は泣いちゃったもん。
梅姐の闘病、死というのが映画が作られて時期にかぶっているのがやはり気になる。會展でのシーンの撮影って梅姐のなくなった直後に撮ったんですね、阿Yuをググってたらでてきてびっくり。成龍にしてもニコにしても梅姐と特に近しかったはず。大家一齊祈禱。

お時間のあるかた、上映館が近くにあるかた(東京では新宿・渋谷・池袋ではやってないなんて・・・スバル座が埋まらないようじゃまずいでしょ)是非、是非!! 成龍の次回アジア映画《神話》 にも期待しよう。

http://newpolicestory.jce.com.hk/
http://ent.sina.com.cn/m/c/f/xjcgs/
http://www.uip.com.tw/police/

そして、楊采妮の次回作《七劍》は7月香港公開。
http://www.sevenswordsthefilm.com/
こちらにも日本人が関わっているようです。
http://www.kenjikawai.com/index.html

書き忘れていたことを少しまとめ。
☆3/19(土)のキネカ的アジア映画講座 大森塾
「香港ディレクターズ・ファイル番外編 2004~2005要注意人物は誰だ!?+α」
講師:くれい響さん(映画評論家)
☆4月下旬講座は
「『インファナル・アフェア』3部作をどう見るか」 講師:水田菜穂さん(香港カルチャーライター)
☆1回目の講座終了後、《PTU》の配給さんが「映画祭と字幕違いますよ~」っておっしゃっていました。
☆「101次求婚」をめざましテレビで紹介したとき、私には主題歌が陳慧琳の「記事本」に聞こえたんだけど・・・・気になってる
アジパラさんにF4のうちケンの《愛,斷了線》(Sky Of Love)、ジェリーの《魔幻厨房》(Magic Kitchen)、ヴァネスの《少年阿虎》(Star Runner)の公開決定とあります。そして今週は仔仔ウィーク。
☆3/19発売のキネ旬2005年4月上旬号は《終極無間》特集と華仔の巻頭グラビアインタビュー。特集、予想より早くない???公開も早いの?陳慧琳の来日時期とあわせて考えて余計混乱している自分。くれいさんが2時間半華仔と(公式)インタビューしたっておっしゃっていたので是非どこの媒体に載るか楽しみ。前回のくれいさんのインタビューは東京ウォーカーで見ました。

ジェネックス・コップ
陳木勝監督は會展がお好き~
ジェネックス・コップ [DVD]

この記事へのコメント

haruching
2005年03月10日 23:43
初めまして。
「香港国際警察」で、樋口明日香ってどこに出てたんですか?
クレジット見て、「あ、出てたんだ」と思ったのですが
全然分からなくて。
私は楊采[女尼]との愛情シーンで泣きました・・・。
Kumi
2005年03月11日 11:41
haruchingさん、こんにちは。DVDを見返しましたが盧惠光扮するところの「殉職した榮チームの一員、李智強の妻」役でした。彼女がうつるのはほんのちょっと、《インファナル・アフェア》と似ていると思った「お葬式シーン」ででてきます。多分同じ浩園で撮ったんじゃないでしょうか?
Kumi
2005年03月11日 14:55
Weekly ぴあ 3/5(土)公開の新作ランキング

ジャッキー人気健在! 最新作が貫禄の首位

順位 映画 平均点 モニター数 最高点 最低点
1位 香港国際警察/NEW POLICE STORY 91.0点 71人 100点 65点
2位 シャーク・テイル 88.3点 64人 100点 50点
3位 ワンピース・オマツリ男爵と秘密の島 88.1点 81人 100点 40点
4位 ビューティフル・デイズ 88.0点 47人 100点 65点
5位 ローレライ 85.8点 99人 100点 30点
6位 失われた龍の系譜/トレース・オブ・ア・ドラゴン 84.0点 25人 100点 40点
7位 アラキメンタリ 83.6点 21人 100点 40点
8位 渋谷物語 83.5点 22人 100点 50点
9位 ミーン・ガールズ 81.2点 22人 100点 40点
10位 レクイエム/WAKE OF DEATH 79.7点 23人 100点 30点
mm622
2005年03月19日 21:15
初めまして、私は台湾へ行く飛行機の中でこの作品を見ました。全くの偶然だったのですが、映像が映ったその瞬間から(随分長い間彼の作品は見ていませんので、この作品の前のものがどんなものかは実は知りませんが・・・)あまりの美しさにびっくりしました。タイトルバックもびっくりするほどスマートで、これまでのいわゆる成龍作品とは全くかけ離れたものを感じました。実は私も食い入るように見た結果、泣けてしまいました。脚本もすばらしいですよね、kumiさんが書かれたように、出演者も豪華で演技派ぞろい(私は謝霆鋒彼の演技だけ少し物足りなく感じましたが・・)一度目に見た時気づかなかったんですけど、この作品、監督は彼じゃないですよね、そこにまた感動しました。アメリカで何本も撮ってこの作品が集大成になっているとすると、彼の映画作りに対する底知れぬ情熱に本当に感動します。次回作タイトルがとても魅力的。なんだかまたレベルの高そうな雰囲気。
Kumi
2005年03月22日 00:36
mm622さん、こんばんは。この映画の監督は陳木勝(ベニー・チャン)監督です。謝霆鋒は重たい映画の中での清涼剤的役割ですから押さえているんだと思います。彼の撮影風景を見たことありますがオーラバシバシ出てました。なんてったってチェン・カイコー監督の《プロミス(原題:無極)》の主演(他には張栢芝、チャン・ドンゴン、真田 広之)の一人ですから。チェン・カイコー監督、この作品もってカンヌいくみたいですね。

この記事へのトラックバック