アジア・フィルム・アワード(AFA)発表

アジア・フィルム・アワード(亞洲電影大獎)の発表が3月20日、會展で行われました。

毎日新聞
アジア映画:最優秀女優賞に中谷美紀さん 香港・アワード 

アジア映画の振興を目的に創設された第1回「アジア・フィルム・アワード」の授賞式が20日夜、香港で行われ、最優秀女優賞に「嫌われ松子の一生」に主演した中谷美紀さんが選ばれた。

 最優秀作品賞は韓国映画「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」、最優秀男優賞は同作品の韓国人俳優ソン・ガンホさんが受賞。最優秀監督賞には中国人映画監督の賈樟柯氏が選ばれた。

 アジア・フィルム・アワードは日中韓や香港、イラン、インドなど、アジア各地で製作された映画が選考対象。授賞式は同日開幕した香港国際映画祭に合わせて行われた。(香港・共同)


スポーツ報知
中谷美紀、初代アジアNO1…香港国際映画祭で最優秀女優賞獲得 

香港国際映画祭が20日、香港コンベンション&エキシビションセンターで開幕し、今年新設された「第1回アジアン・フィルム・アワード」で、「嫌われ松子の一生」の中谷美紀(31)が最優秀女優賞を獲得した。中国のコン・リー(41)、チャン・ツィイー(28)らアジアを代表するスターを抑えての受賞に「まさかこの場に立てるとは!」と驚いた様子だった。(国際電話)

 「ミキ・ナカタニ!」受賞のアナウンスの瞬間、会場の最前列に着席していた中谷は目を丸くした。「ふーっ」と深呼吸して発した第一声は「まさか賞を頂けるとは思ってなかったので、この舞台に立てることが信じられません。何よりも監督さんに感謝したい」。撮影中のバトルが話題になった中島哲也監督に謝辞を述べた。

 同賞にはコン・リー、チャン・ツィイーらアジアを代表する6人がノミネートされていたが、「嫌われ―」で体当たりの演技を見せた中谷が、初代の「アジアNO1女優」の座を勝ち取った。授賞式後は、現地のメディアや欧米の通信社から取材攻勢を受け、一夜にしてアジアを代表するヒロインとなった。

 同アワードは昨年30周年を迎えた同映画祭の新たな目玉として新設。東アジアから東南アジア、中東までを網羅した“アジア版アカデミー賞”を目指して創設された。賞の審査は世界各国の映画人17人が行った。

 報知映画賞、日本アカデミー賞などで国内の映画賞でも主演女優賞を多数受賞した中谷は「昨年日本の邦画が、21年ぶりに洋画の成績を超えたということを聞いて、これからも日本映画が活躍することを祈ります」。同映画は昨夏香港で上映され、中谷もすでに現地を訪問しているが、今回の受賞でさらに日本を代表する女優を印象づけた。

 作品賞は韓国の「グエムル 漢江の怪物」、男優賞も同映画主演の韓国俳優ソン・ガンホ(40)が獲得した。会場には香港のアンディ・ラウ(45)、トニー・レオン(44)や仏のリュック・ベッソン監督(48)、韓国のイ・ビョンホン(36)らが会場を華やかに盛り上げた。




中谷さん主演の《愛上July 24大道》が香港で現在上映中ですね。

画像


アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞
《韓流怪嚇》 「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(韓国)

アジア・フィルム・アワード最優秀監督賞
賈樟柯(ジャ・ジャンクー):《三峽好人》「三峡好人」 (中国)

アジア・フィルム・アワード最優秀男優賞
宋康昊(ソン・ガンホ):《韓流怪嚇》「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(韓国)

アジア・フィルム・アワード最優秀女優賞
中谷美紀 :《花樣奇縁》「嫌われ松子の一生」 (日本)

アジア・フィルム・アワード最優秀脚本賞
曼尼.夏希希(マニ・ハギギ):《男人做野》「メン・アット・ワーク」(イラン)

アジア・フィルム・アワード最優秀撮影賞
金炯求(キム・ヒョング):《韓流怪嚇》 「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(韓国)

アジア・フィルム・アワード最優秀美術賞
葉錦添(ティン・イップ):《夜宴》「女帝[エンペラー]」(中国)

アジア・フィルム・アワード最優秀オリジナル音楽賞
拉夏雨.蘇朋加(Rahayu Supangga):《爪哇歌劇》「オペラジャワ」(インドネシア / オーストリア)

アジア・フィルム・アワード最優秀編集賞
利.査泰米提古(リー ・ チャタメティクン):《戀愛症候群》「世紀の光」(タイ / オーストリア / フランス)

アジア・フィルム・アワード最優秀視覚効果賞
The Orphanage:《韓流怪嚇》 グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(韓国)

學術研究大獎
大衛博維爾(デビッド・ボールドウェル)

傑出貢獻大獎
蕭芳芳(ジョセフィーヌ・シャオ)


「亞洲電影票房巨星大獎」
劉德華 (アンディ・ラウ)


星島 成報 文匯報 太陽報 明報 朝鮮日報 東方日報

新浪レッドカーペット動画 tungstar









パフォーマンスゲストの林憶蓮(サンディ・ラム)は、3つの言語、韓国語で《I Believe》、日本語で《天空之城》(「君をのせて」)、中国語(広東語)で《追》といった映画の主題歌を歌ったそうです。むか~し「だからって…」とか日本語のCD出してましたし、NEWS23にでていたのをみたことあります。先日の金牌唱片の春茗にはサンディは出席しませんでしたが、金牌唱片の黄柏高(パコ・ウォン)は下半期には國語CDを出す予定といっているので、パコにもかわいがられているようですね。



結果は韓国ばかり。香港ダメですか???《放.逐》すごい好きですよ。
画像

「《放.逐》通り」(勝手に命名)に行って現場見ちゃうと杜琪峰ってすごいって思っちゃいますもん。
なんだか、「授賞式に来なかった人はもらえない」という、香港の音楽賞みたいです。
《伊莎貝拉》の金培達(ピーター・カム)はベルリンの銀熊賞でしたが貰えないんですか???
地元は遠慮して、満遍なく各地に配った結果って感じもします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月26日 21:20
私のブログでアジアン・フィルム・アワードについて書きまして、その中でこちらの記事をご紹介させていただきました。
もうほんとに遅ればせながらなんですが、その間にこちらではいくつも記事をアップされてるんですね~。脱帽です。
TBもさせていただきました。どうぞよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

  • 結果&作品情報! 第1回アジアン・フィルム・アワード

    Excerpt:  アジアン・フィルム・アワードは、アジア各国の劇場公開作の中から10部門(作品、監督、男優、女優、脚本、撮影、美術、作曲、編集、視覚効果)にノミネート作品を6本選び、その中からベストワンを選んで表彰す.. Weblog: 海から始まる!? racked: 2007-03-26 20:56